Entries

スポンサーサイト

立春摂心の日程

「立春摂心」の日程が決まりましたので、お知らせします。1月29日(日) 夕刻までに参集  30日(月)~2月5日(日)正午まで學道舎の現在の積雪量は、1m45センチです。天気予報によりますと、前半は暖かいようですが、2日あたりから寒波の襲来が予想されております。温かい下着などを用意して下さい。市営バスの時間などは、数日中にホームページに掲載しますので、そちらを御覧になって下さい。クルマで来られる方...

朽木學道舎通信「風轍」No.01 2006年1月12日発信

はじめに新暦では七草も過ぎましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。こちらはようやく雪も落ち着き、ホッとしているところです。昨日の最低気温は0°C。初めて氷点下に下がりませんでした。大雪の前、間一髪という感じで雪囲いをすることができましたが、冬期間の参禅者受け入れのために、当初、予定しておりました作業が困難になり、不便を強いられております。年末に屋根の雪下ろしをするという、初めての経験をしました。...

最低気温マイナス9、9度

1月10日(火) 旧暦 師走11日 曇り時々晴れ 気温-4、9度 積雪185センチ朝、入り口の最高最低温度計を見たらー10を指している。温度計が壊れたのかと思い、先日、設置したばかりのデジタル温度計で確認すると、やはりー9、9度だった。この冬、一番の冷え込みだ。昨日の久し振りの晴天による、放射冷却のせいだろうか。最高気温は5、9度。今日は、午前9時でも-4、9度だった。12月の寒波で慣らされたせい...

デジタル温度計設置

1月9日(月)成人の日 旧暦師走10日 快晴草堂は、雪でスッポリと覆れている。雪は沈下の際が危ないので、必ず、軒を空けておかなければならない。年末に降ろした雪があるので、軒を空けるためには、すでに家を掘り出すような状態になっている。本日、インターネットで注文していたドイツ製のデジタル温度計が届く。大雪で遅れていたもの。寒波襲来の際には、凍結防止のため流しの水道を、少し流しておくのだが、やはり外気温...

パンと一枚の板

1月8日(日)旧暦師走9日 晴れ時々、雪日曜なので、雪が一段落してから本格的に雪かきをしようと、午前中、テレビを観ていたら、熊森協会のTさんがパン持って来て下さる。お連れ合いと朽木温泉に来たついでだと言われたそうだが、温泉からは25キロ以上あり、しかも雪深い山奥まで来て頂き、感謝感激雨霰だ。小生は隠寮にいて、お会いできずに残念だった。昼食後、雪かき。いよいよ草堂を掘り出さねばならないような雪になっ...

雷鳴

1月7日(土)旧暦師走8日 終日雪 積雪195センチ今日は「七草粥」だが、どう考えても新暦では無理があるようだ。旧暦で来年の七草は、新暦の2月4日、立春。もっとも、無理があるからこそ、七草をハウス栽培し、冬の最中に出荷して生計を立てている農家もあることだろう。数年前に、ここに滞在して手伝いをしてくれていた、植木屋の若い女性Kさんが結婚し、お連れ合いと信州で百姓をしている。農場の名前を「七草農場」と...

芦生ガイド 針畑郷周辺の山案内について

ここ針畑郷でも、この時期としては記録的な大雪に見舞われております。芦生や百里ヶ岳などの山案内は、雪が締まる2月下旬まで受け付けておりません。なお、山歩きのグループ、環境をテーマにする団体などの案内や講師の依頼、草堂の利用は受け付けております。メールでお問い合わせ下さい。...

新年、早々の大雪

年末、年始と穏やかな日和だったが、昨夜から降り続いた雪で、積雪は1メートル70センチ。最低気温はー3度ほど。昼間も気温は上がらずに氷点下だが、12月の寒さを経験したせいか、ほとんど寒さを感じない。年末に雪下ろしをしておいたので、少しは安心だが、このまま降り続けば、これからは家を掘り出さねばならなくなる。テレビのニュースで、信州飯山の女性一人暮らしの家が、雪で倒壊したと伝えていたが、御本人は避難して...

箱根駅伝

1月3日(火) 師走1月4日 曇り本日も、HTMLの勉強、ネット上にも、ホームページ作成についての、たくさんのサイトがある。迷惑メールやネット犯罪など、ネット社会のマイナス面に目が行きがちだが、改めて人の善意をの有り難さに打たれる。そのなかで、小生に向いていそうなので「猿でもわかるホームページ作り」にざっと目を通し、概略をつかむ。昨日に引き続き、箱根駅伝を観る。高校一年生の時、自転車で伊豆半島を一周し...

サイト新設作業の開始

1月02日(月) 師走2日 曇り時々霙降る昨日は、いささか食べ過ぎたので、朝、小豆粥を食べる。今日から、冬仕事の中でも、もっとも重要な作業の一つである「朽木學道舎ホームページ」新設のための勉強を開始する。当初、「風と森の学校」のホームページは別に作るつもりにしていたのだが、融合することによって新たな地平が開かれると考え、計画を変更する。若い頃、抜群の記憶力を誇った頭脳も、さすがに寄る年波には勝てず...

雪の輝き

1月1日(日)旧暦師走2日 快晴昨夜は新暦の大晦日、久し振りに第九を聞いて感動した。朝、起きたら真っ青に晴れ上がった快晴の空で、隠寮から初日の出を拝むことができた。昨年は、山口で大学生活を送る長男の所、一昨年は那智の滝で新年を迎え、潮岬で初日の出を拝んだので、自宅で新しい年を迎えるのは3年振りということになる。もっとも、この冬の豪雪がなければ新暦の正月は摂心、正月は旧暦で迎えるつもりにしていたので...

Appendix

プロフィール

風轍

Author:風轍
「朽木學道舎ー風と森の学校」は、自己と宇宙の探求の場ーほんらいすべての人の心に内在している叡知に目覚め、根源的な自由と平和を生きようとする、あらゆる人びとのために開かれた、小さな茅葺きの学校です。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。