Entries

スポンサーサイト

10月25日 木材の運び出し

 一週間ぶりに訪れた學道舎の周辺の景色は、先週より川沿いの桜並木はさらに赤くなっており、既にそのうち一本は、全て葉を散らしていました。まだまだ緑色が主だった周辺の山々も、だいぶ黄色、赤色が目に付くようになってきました。  その日の主な作務は、川の向こう岸の杉林に、既に切り倒してある杉の丸太を、禅堂の建築材に使用するため製材所まで運ぶのに、軽トラへ積み込む作業をしました。  丸太の真ん中にワイヤーを...

10月18日 秋の収穫

 學道舎前の、川岸に植えられた並木もだんだんと紅葉して、少しずつ秋らしくなってきました。10月18日の作務は、畑の野菜の収穫(主にさつま芋)、アケビ、栗、きのこの採集をしました。 その日採ったさつま芋は、早速翌日の朝、芋粥にして頂きました。 その日採れた分の野菜です。畑はパーマカルチャーの農法を取り入れ、円形を中心にしてデザインされており、ユニークな造形になっています。 野菜の収穫の後、アケビと、栗と...

9月20日 橡の実拾い

 前回の記事より少し日を遡りますが、今回は9月20日の橡の実拾いの様子をお伝えします。  早朝に學道舎を出発して、林道から三国岳の登山道を上がっていき、途中岩谷峠より、道なき道を下っていくと、谷になっている少し開けた場所に行き着き、小さな水の流れに出会います。そこから水の流れに沿って橡の木が数多くあり、私達も流れに沿って下りながら沢山の橡の実を拾っていきました。  橡の実は外皮に包まれていて、それを...

10月3日,4日

   學道舎での朝晩はだいぶ冷え込むようになり、晴れた日の晩と翌日の朝には濃い霧が立ち込めるようになりました。 道を往来する車も少なく、済んだ虫の声だけがいつも聞こえ、静かな時を過ごしました。   今回の作務は、新しく建築中の独参の為の建物の上部と、台所部分上部の壁板張りをしました。 焼いて焦げ色を出した杉板を、ただ釘で打って張っていく、それだけの作業ですが、意識の中に何かしらのものを持ち込んでい...

9月27日,28日 禅堂の土壁塗り

    朽木學道舎では、摂心と禅集会以外の日の参禅においては、朝晩の坐禅以外の時間を、作務として、畑仕事や掃除、大工仕事や薪割りなど、様々なことを日々行っています。 これから朽木學道舎の周辺の季節ごとの様子や、日常の作務の様子など、日々の出来事を一参禅者の目から、少しずつ更新していきたいと思います。 先週の水、木曜日の作務は禅堂の土壁塗りをしました。これから冬に備えて禅堂の外壁を補強し、断熱効果を...

「秋分摂心」の日程

10月の摂心、禪集会のお知らせ「秋分摂心」 10月05日(金)~8日正午まで 禪集会   10月20日(土)~21日午後3時まで *いつものとおり、いつ来られてもいつ帰られても自由です。  提唱は「普勧坐禅儀」を予定しております。學道舎からの便り酷暑の夏も過ぎ去り、いつのまにかススキの穂波が風にそよぐ季節になりました。もちろん、紅葉にはまだ早いのですが、牡鹿の求愛の咆哮が木霊しております。 「奥山...

Appendix

プロフィール

風轍

Author:風轍
「朽木學道舎ー風と森の学校」は、自己と宇宙の探求の場ーほんらいすべての人の心に内在している叡知に目覚め、根源的な自由と平和を生きようとする、あらゆる人びとのために開かれた、小さな茅葺きの学校です。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。