Entries

スポンサーサイト

6月10日

 6月10日は、テレビ東京の番組 「地球街道」 の収録があり、元ラグビー選手の大八木淳史さんが、旧鯖街道の道を歩くという内容で、學道舎にお見えになりました。 以前の打ち合わせでテレビ局の方から、旧鯖街道の山道の案内をと、老師に依頼があり、大八木さんを老師が、鯖街道の歴史を案内しながら、共に歩きました。 実際の放送でどこまで紹介されるかは分かりませんが、林道の影響や、ナラ枯れなど近隣一帯の森林環境の変...

灌仏会大摂心に参加して (25) K.E さん

  世界とは何か。世界を認識している自分とは何か。 それは二つの異なったものであるのか。それとも認識の機能が、自己と世界、自己と他者、自己と自然、そして生と死、あるがままのものとあるべきもの、そうした全ての二元性、分離を生み出すものであるのか。 それによって生まれる、個人の内外における対立、葛藤、争い、そして自らの生存を脅かすほどの環境への破壊、搾取の根源的な終息はありうるのか。 言葉による追求、...

5月29, 30日

 29日は曇りで、30日は午前中雨が降りました。朝晩の冷え込みが結構あり、暖かい上着がまだしばらく必要そうです。雨が降ったので、屋根の萱を乾燥させる為にも、禪堂の囲炉裏に火を入れました。 外を歩くと、タニウツギの花が満開を迎えていました。 今週も前回に引き続き、畑仕事を主な作務として行いました。草むしりで抜いた草や、薪を作った時に出た木屑を片付け、芽が出なかったジャガイモを新しく畑に植え直し、ツクネ芋...

5月15, 16日

  今週の作務は、主に畑仕事をしました。畑の草むしりをして、野菜の苗を植えました。川の向こう側にある竹林から、竹を切り出してきて、それを鉈で割り、杭を作りました。 日が差さないと、まだかなり肌寒く感じられます。  早朝、禪堂で坐っていると、カッコウの声が今年初めて聞こえました。チベットでは、カッコウのその鳴き声は覚醒を促すとされています。 16日は、高島森林体験学校のMさんと、登山ガイドの仕事の為...

「夏至摂心」の日程

 「夏至摂心」の日程 6月18日(水)~6月22日(日) いつものとおり、いつ来られてもいつ帰られても自由です。  梅雨の時期、期間中雨が降る日も多くなるかと思われますが、雨音の聞こえる中、禪堂内で静かに呼吸を見つめ、坐ることは、晴天の日とはまた違った良さがあるように思います。 學道舎ではことさらに形としての坐禪の厳しさを強調するものではありませんので、初めての方、未経験の方も志さえあれば充分に坐...

Appendix

プロフィール

風轍

Author:風轍
「朽木學道舎ー風と森の学校」は、自己と宇宙の探求の場ーほんらいすべての人の心に内在している叡知に目覚め、根源的な自由と平和を生きようとする、あらゆる人びとのために開かれた、小さな茅葺きの学校です。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。