Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamabito.blog42.fc2.com/tb.php/61-6357e9b1

-件のトラックバック

-件のコメント

[C18] 謹賀新年

摂心の様子がよくわかりました。

ぬくぬくと,コタツの中で過ごした自分を恥ずかしく思います。

本年もよろしくお願いします。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

12月28日~1月3日 越年摂心

         IMG_5995_edited.jpg

 新年あけましておめでとうございます。
本年も淡々と活動を相続して参ります。どうぞよろしくお願いします。

 12月28日より1月3日迄、希望者からの連絡があり、學道舎では初めての越年摂心が行われました。
 参禅者は、独参の場での老師との対面以外で人と話をすることはなく、午前五時より午後九時まで休憩と食事を挟みつつ坐禅を続けます。日に一度提唱が行われ、午後九時以降は随座となります。
 
 12月31日の夜11時頃に年越しそばを頂き、その後坐禅に入り、坐禅のまま、新年の時を告げる老師の鐘の音を聞きました。そのあと新年にふさわしい法話を聞き、皆で四弘誓願文(あらゆるもの、仏や菩薩がおこす4つの誓願)を唱えました。
 
 新年1月1日の朝は、径行を兼ねて皆で近くの神社へ初詣に詣りました。
 それまで學道舎周辺に雪はありませんでしたが、初詣より帰る途中から粉雪が降りはじめ、その勢いは翌日まで止むことなく、次の日には全てを包み込んでしまいました。
 今年最初の作務は雪掻きとなりました。

  IMG_5992_edited.jpg

  IMG_5993_edited.jpg

 斎座(昼食)には色鮮やかに美しく盛り付けられた、おいしいお節料理を頂きました。
厳しい寒さの中、参禅者の方々非常に熱心に坐られ、特別印象深い摂心となりました。
 
 日々の様々な経験によって心に積もった塵を払い、新しい年を迎える。
摂心そのものはそれ以上の意味を持ちますが、非常に正月らしい正月を迎えることができました。
 
 一週間に及ぶ摂心の後の澄んだ知覚で眺める風景は、その美しさに人の描写を必要とせず、ただ静かな感謝のような思いを余韻のようにもたらすのみである気がします。





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamabito.blog42.fc2.com/tb.php/61-6357e9b1

0件のトラックバック

1件のコメント

[C18] 謹賀新年

摂心の様子がよくわかりました。

ぬくぬくと,コタツの中で過ごした自分を恥ずかしく思います。

本年もよろしくお願いします。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

風轍

Author:風轍
「朽木學道舎ー風と森の学校」は、自己と宇宙の探求の場ーほんらいすべての人の心に内在している叡知に目覚め、根源的な自由と平和を生きようとする、あらゆる人びとのために開かれた、小さな茅葺きの学校です。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。