Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamabito.blog42.fc2.com/tb.php/64-d5b29976

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2月15, 16日

       IMG_6007_edited.jpg

 14日の夜より15日の間、雪は降り続き、積雪量はこの冬初めて1mを超え、105センチを記録しました。
 16日は日中好天に恵まれ、久々に青々とした青空を眺めることが出来ました。
 草堂の玄関から外に出ると、日の光に照らされた雪で目が眩んでしまい、しばらくの間目を開けられない程でした。
 
 久々の晴天ということもあり、径行(歩行禪、静中の坐禪を動中においても行うもの)を兼ねてスノーシューを履いて周辺を散策に行きました。

 スノーシュー。西洋かんじきとも呼ばれたりしますが、もともとアメリカ先住民が作り出したもので、ガット(動物の腱)によって丈夫に編まれています。

 足跡一つ無い雪原の上を、雪に埋もれた木々の間を、雪の感触を確かめつつ一歩一歩進んでいきました。

        IMG_6096_edited

 IMG_6127.jpg

 お茶の時間には、老師が作られた御菓子と抹茶を頂きました。お菓子は干し柿を切り、きな粉をまぶして巻いたものです。

 お菓子は切った干し柿を巻いてきな粉をまぶして作られています。

 今週の作務は先週に引き続き、焚き付けを作り、掃除をし、雪掻きをしました。
 
 心が過去も未来も持たず、かつてあったことにも、これからありうることにも逸れることなく、現在の行為にのみとどまる。
 そういった時間なき時間とでもいうべき今を知る機会を持てるということは、とても貴重なものであるように感じます。
 
 また坐禪による探求の過程において、こうした作務がいかに様々な内的体験によって道を誤ることなく、確かな歩みをもたらすものであるのか、時間を経るほどに実感できるものである気がします。

 

 
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamabito.blog42.fc2.com/tb.php/64-d5b29976

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

風轍

Author:風轍
「朽木學道舎ー風と森の学校」は、自己と宇宙の探求の場ーほんらいすべての人の心に内在している叡知に目覚め、根源的な自由と平和を生きようとする、あらゆる人びとのために開かれた、小さな茅葺きの学校です。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。