Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamabito.blog42.fc2.com/tb.php/72-5b74c747

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

4月8, 9日

DSCN6317.jpg

 8日、9日と、午前中は晴れ、午後からは今にも雨が降りそうになることもあり、安定しない天気の二日間でした。外では体を動かしていないと、まだ肌寒さが残ります。

変換 ~ DSCN6315

 新しく建てた独参の為の建物の、壁を珪藻土で塗っています。五月の連休に行われる灌仏会大摂心には、この建物で独参ができるように、室内の最後の仕上げ作業を行っています。茶室としても使えるように、壁の色は暗めの色を珪藻土に調合しました。

DSCN6335.jpg

 朽木村一帯では、増えすぎた鹿による畑の作物の被害が深刻であり、畑をする為には鹿の侵入を防ぐネットで畑を囲む必要があります。今週の主な作務は、畑や建物周辺をネットで囲む作業になりました。

DSCN6340.jpg

 先週イチゴを植えた石垣に、今週はシバザクラを植えました。
 
 標高の高さから朽木學道舎周辺の桜の木は、まだ花を付けていません。もしかしたら連休の灌仏会大摂心の頃に桜を見られるかもしれません。
 灌仏会大摂心では、晴れた日には大地にじかに坐ったり、橋の上で坐ったり、山を歩き木々の下で坐って頂いたりするかもしれません。
 雨の日には、草堂の茅葺の屋根に落ちる、優しい雨音を聞きながら坐るのもまたいいものです。

 禪というと、敷居が高くあまりに厳格主義的なイメージがありますが、學道舎ではいわゆる一般的なイメージにあるような、少しでも隙があると警策を用いるような、外から強制される厳しさで坐らせる、ということはありません。あくまでも自身の問題意識から坐って頂く、そういった場所です。
 その敷居の高さから人を遠ざけることなく、この時代における禪、ひいては仏教の持つ意味、その可能性、また素晴らしさを、この時代に問題意識を持つ多くの人に知って頂きたいと思います。


                                                 榛岳



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamabito.blog42.fc2.com/tb.php/72-5b74c747

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

風轍

Author:風轍
「朽木學道舎ー風と森の学校」は、自己と宇宙の探求の場ーほんらいすべての人の心に内在している叡知に目覚め、根源的な自由と平和を生きようとする、あらゆる人びとのために開かれた、小さな茅葺きの学校です。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。