Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamabito.blog42.fc2.com/tb.php/77-ad411dc0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

灌仏会大摂心に参加して (2) K.E さん

 あくる朝30日より、摂心が始まりました。
 
 摂心のスケジュールは、夏時間なので、4時振鈴(起床)、4時20分より二炷(一炷(いっちゅう)は約40分)の坐禪、7時に粥座(朝食)、8時20分より三炷の坐禪、11時半に斎座(昼食)、13時20分より三炷の坐禪、16時30分より薬石(夕食)、18時20分より三炷の坐禪、一日の最後に四弘誓願文(しぐせいがんもん)と普回向(ふえこう)を読んで、21時以降は随座、22時に開枕(就寝)となります。

 一日の最後に読む四弘誓願文と普回向を掲載します。四弘誓願文は三度読みます。



 四弘誓願文


衆生無辺誓願度(しゅじょうむへんせいがんど)

煩悩無尽誓願断(ぼんのうむじんせいがんだん)

法門無量誓願学(ほうもんむりょうせいがんがく)

仏道無上誓願成(ぶつどうむじょうせいがんじょう)


 (意味)

生命あるものは限りなけれども、誓ってみちびかんことを願う

わずらいなやみは、尽くることなけれども、誓って断ちきらんことを願う

ことわりのかずは、はかりなけれども、誓って学ばんことを願う

さとりの道ははるかなけれども、誓って成し遂げんことを願う

 

 普回向


願(ねが)わくは此(こ)の功徳(くどく)を以(も)つて

普(あまね)く一切(いつさい)に及(およ)ぼし、

我等(われら)と衆生(しゅじょう)と、皆共(みなとも)に仏道(ぶつどう)を成(じよう)ぜんことを。


十方(じーほー)三世(さんしー)一切佛(いーしーふー)

諸尊(しーそん)菩薩(ぶーさー)摩可薩(もーこーさー)

摩可(もこ)般若(ほじゃー)波羅密(ほろみー)


 (意味)

若しも願うことが可能であるならば、今此処に積み上げた成果を

広く一切のものに及ぼし

われわれ自身と全ての生物とが

皆一緒に釈尊の教えを達成する事が出来るように願いたい

あらゆる方角における過去,現在、未来のあらゆる仏(ほとけ)

多数の仏道修行者、偉大な人々

真実に向かう為の偉大な知恵



 一炷と一炷の間には径行(きんひん、歩行禪)と(ちゅうかい、足を休めたり、手洗いに行く時間)が20分間あります。一日に一度独参と提唱があります。

 こうしてスケジュールを見ると、摂心に参加されたことのない方は、早朝から夜までびっしりと坐禪をしているように見えて、普通の人にはとても無理なように感じると思いますが、食時の後には、約一時間半の空き時間があります。
 坐禪の経験者は少し休んだ後坐ったりもしますが、初心の方が無理をする必要はなく、この時間はゆっくりと体を休めたり、外を少し遠くまで散歩することもできます。坐禪と坐禪の間の抽解の時間も、20分あるので、その間別室で横になって体を休めたり、縁側で体を楽にしたり、外の椅子に坐って景色を眺めたり、外を少し歩いたりも出来ます。

 禪堂の玄関の土間には、各自で御茶が飲めるようにしてあり、抽解等の時間には自由に飲むことができます。ごく簡単にですが紅茶やコーヒーも飲めるようにしてあります。
 老師の奥様が手作りされた御菓子が置かれる事もあります。
 そういった感じで、坐禪以外の時間も充分あり、その時間はゆったりしたものです。摂心中、ただ厳しい雰囲気のみが禪堂を支配しているということはありません。

 30日からの参加者はまだ少なく、また初心の方もおられませんでしたので、他の方がこられる2日までは、一炷の始まりと終わりの鐘は打たず、めいめいが坐れる長さだけ自由に坐り、足が痛くなったら自由に抽解を取り、又坐る形になりました。
 
 坐禅に多少習熟してきますと、一炷以上の時間を坐ることも、難しいことではなくなってきます。
  一炷ごとに鐘を打つと、かえって坐禪が途切れ途切れになってしまうので、朽木學道舎では、人が多いときは無理ですが、それほど多くない時は、しばしばこうした形をとります。

                                              <つづく>



IMG_6253_edited.jpg




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamabito.blog42.fc2.com/tb.php/77-ad411dc0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

風轍

Author:風轍
「朽木學道舎ー風と森の学校」は、自己と宇宙の探求の場ーほんらいすべての人の心に内在している叡知に目覚め、根源的な自由と平和を生きようとする、あらゆる人びとのために開かれた、小さな茅葺きの学校です。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。