Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会のお知らせ

 前回の記事の中で紹介しました、10月4日に京田辺にて行なわれる、講演の詳細が決まりましたので、お知らせいたします。御時間の合う方は是非御参加下さい。

                                              榛岳

 第2回京田辺市民健康フォーラム

【日 時】 10月4日(土曜) 13時~16時
【場 所】 京田辺市社会福祉センター 
              第一研修室
【参加費】 無料 
【定 員】 80名(要申し込み、先着順)
【申し込み】京田辺市社会福祉センター
             0774-62-2222
【共 催】 京田辺市社会福祉協議会
      京田辺つぼ教室

【プログラム】
12:30 受付
13:00 演題「心-身体-環境の調和のために
        ~禪仏教からのアプローチ~」
    講師 飯高 転石老師
13:50 休憩
14:00 ワークショップ(坐禅)
14:30 対談パネルディスカッション
15:10 休憩
15:20 アイリッシュ音楽ライブ(mine)
16:00 終了

【プロフィール】

(師家) 飯高 転石老師
千葉県生まれ。早稲田大学卒業後、インド・ネパールを経由して、東京から朽木に移住。以来、山林労働のかたわら、森林の生態や宮沢賢治の研究に従事する。同時に山を越え、若狭の禪寺で修行を続ける。1989年発心寺専門僧堂の原田雪渓老師から印可。無宗派の在家禪堂「朽木學道舎」を開設。坐禅の指導・「環境と人間」をテーマにした講座やワークショップ・子供たちの森林環境教育・森林ボランティアの養成など幅広く活動している。

mine(マイン)
京都FM(KBSラジオ)東京FM(J-wave)等の出演暦あり。パブの他、宝泉院、東本願寺でのコンサート活動も行っている。5月にも[京田辺交際交流会」に招待され、アイルランドの音楽を中心としたアイリッシュ音楽コンサートを行った。


「白露摂心」のお知らせ

 「白露摂心」の日程  
   
 9月19日(金)~23日(秋分の日)正午まで

 
 いつものように、部分参加が可能です。いつ来られても、いつ帰られても自由です。
 また、全五日間を通して参加される方は、出来れば18日(木)の夜までに上山されることをお勧めします。

 
 今月の摂心の案内が遅れましたことをお詫び申し上げます。
 酷暑の夏も過ぎ、暑すぎず、寒すぎず、坐るにはとてもよい季節になりました。秋の虫の声が、禪堂内にも響いています。
 
 制間の時期にあった學道舎も、本格的に活動を再開致します。
 摂心以外の今後の行事をここにお知らせします。

 
 9月14日   講演「ダルマとディープエコロジー」 (※主催者側の都合により急遽休止となりました。ご了承下さい。)
 
          19:00より  山水人にて

 山水人(やまうと)は朽木村生杉にて行なわれているお祭りです。以前の講演とタイトルが同じですが、内容は異なるものになる予定です。
 お問い合わせ、詳細は以下のリンクよりお願いします。(山水人への入場には、入場料が必要になります。) 

  http://yamauto.jp/



 10月4日   講演「心―身体―環境の調和のために  ― 禪仏教からのアプローチ ― 」
 
          京田辺にて

 主に身体をテーマの中心にした講演となりそうですが、場所、時間他詳細はまた後日お知らせ致します。


                                                  榛岳
 
          
     

旧盆摂心の日程

 「旧盆摂心」のお知らせ


 8月11日(月)から~17日(日)正午まで

 
 いつものように、部分参加が可能です。いつ来られても、いつ帰られても自由です。


 
 學道舎周辺でも暑い日々が続いています。皆さんも元気でお過ごしでしょうか。
 お寺の修行においても、この時期は制間とよばれる休みの期間がありますが、學道舎での、摂心以外の参禪においても、この時期作務は少なめにし、ゆったりとした時間を過ごしています。

 早朝と晩はいつものように坐り、日差しが強くない朝と夕刻には畑の草むしりをし、日差しが強い日中は、本を読んだり、暑気を避け山の木々の間を歩き、そこで坐ったりもしています。
 また、仏教の研究会もゆるやかに進めています。外の日差しが強い日でも、茅葺の禪堂の中は涼しく感じられます。

 昨日はキツネが川辺へ降りていく姿を見かけました。最近はよくキツネの声が聞こえます。
 平日の車の往来はより少なく、禪堂では川の流れる音と、鳥の鳴き声、セミの声がいつも聞こえています。

 
 この旧盆摂心もまた、ダルマの探求はもちろんの事ながら、こうした環境の中で坐ることは、ただ厳しく辛いものではなく、大きな精神の休息ともなることだろうと思います。

 
 それでは、みなさまと共に坐れる時を、心待ちにしております。 合掌


                                                  榛岳


7月9, 10日

 9日の天気は曇り、翌日10日は晴天となりました。日中、日差しがあると、外はかなり熱く感じられるようになってきました。
 9日の朝は、仏教の研究会を行い、昼からは他にも参禪者の方がお見えになったので、夜まで禪堂で共に坐りました。翌日10日の朝も、研究会を行い、昼からは禪堂の玄関である、土間の床土が人の出入りによって、だいぶ削れてきたので、補修する為の赤土と粘土を運びました。
 研究会での内容は、これからホームページにて掲載していく予定です。ハードの面での整備もさることながら、これまでなかなか手を付けられないでいた、ソフトの面での充実も、これから本腰を入れて進めていきます。

IMG_0318_edited.jpg

 禪堂の庭の、ヒメシャラの木も沢山の花をつけています。

 DSCN6483_edited.jpg

 アジサイの花も、多くの花を付けています。

DSCN6471_edited.jpg

 日中の暑さ凌ぎに、禪堂の裏手の山を少し歩きました。道沿いに小さなせせらぎが流れています。
道の行き止まりまで来た後、しばらくの間坐りました。


                                                    榛岳


「小暑摂心」の日程

 「小暑摂心」の日程


 7月17日(木)~21日(月)(海の日) 正午まで


 いつものとおり、いつ来られても、いつ帰られても自由です。土、日、月(祝日)の三日間の参禪といった形も可能です。


 つい最近まで、肌寒く感じるほど涼しい日々が続いた學道舎周辺も、晴れの日には、陽の光も熱気を孕み、既に夏の気配を感じさせます。そんな日でも茅葺の禪堂の中はひんやりと涼しく、外の暑気を感じさせず、坐禪を妨げません。
 摂心では、早朝や日差しが和らいだ夕方以降には、橋の上や、少し山に入り木々の下で坐る時間等も設けたいと思います。
 今回の摂心は、月曜の祝日による三連休ということで、なかなか時間の取れない方も、こうした機会に御参加下さい。
 またどうしても摂心の日程が合わない方には、別に参禪を受け付けておりますので、御問い合わせ下さい。

 
 それでは、みなさんと共に摂心を行ずべく、準備してお待ちしております。   合掌


                                                      榛岳


Appendix

プロフィール

風轍

Author:風轍
「朽木學道舎ー風と森の学校」は、自己と宇宙の探求の場ーほんらいすべての人の心に内在している叡知に目覚め、根源的な自由と平和を生きようとする、あらゆる人びとのために開かれた、小さな茅葺きの学校です。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。